スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未公開株を無許可販売=容疑で業者ら4人逮捕-警視庁(時事通信)

 無許可で未公開株を販売していたとして、警視庁生活経済課は23日、金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で、東京都新宿区の経営コンサルタント会社「シーエーアイ」の実質的経営者黒沢泰容疑者(59)=中野区南台=と元従業員ら4人を逮捕した。 

【関連ニュース】
あおぞら銀元行員を強制捜査へ=22日にも、インサイダー容疑
プライベートウェルス社の業務停止=関東財務局
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー
避妊具自販機投資募る=970人から10億円集金か
元副社長ら2人追起訴=トランスデジタル架空増資

風俗事件、3年連続減=パチンコ、マージャン店は最少-警察庁(時事通信)
森づくり、削減CO2「貯金」通帳に(読売新聞)
<障害者自立支援法>「違憲」訴訟 名古屋地裁でも和解(毎日新聞)
1歳男児が変死=母が119番-大阪(時事通信)
<足利事件>菅家さんの選挙権回復 10年ぶりに名簿登録(毎日新聞)
スポンサーサイト

欧州便4日ぶり運航、ミラノ行き成田を離陸(読売新聞)

 欧州便欠航が始まって5日目の19日午後、成田空港では運航が再開され、アリタリア航空のイタリア・ミラノ便が出発した。

 しかし、ウィーン行きの運航を検討したオーストリア航空が出発直前に断念するなど、同空港で発着便約40便が欠航する見通しだ。日本航空と全日空だけで計16便が欠航し、約4300人に影響が出る。

 15日からの4日間で欠航は101便。空港内では、外国人旅行客ら約90人が寝泊まりして復旧を待っている。

駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑-東京高裁(時事通信)
働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」-民間調査(時事通信)
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦(産経新聞)
現役首長らが新党「日本創新党」を結成(読売新聞)
ネット選挙「その方向でいい」=小沢氏(時事通信)

鳩山政権「命続くかどうか」=普天間、県外移設を疑問視-渡部氏(時事通信)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は14日、都内で講演し、鳩山政権について「誕生から7カ月。あのとき大したもんだと思い出すことより、しなければよかったと思うことばかりで、今、政局を迎えている。これから褒めてもらっても命が続くかどうか」と述べ、先行きに強い懸念を示した。
 渡部氏はまた、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に触れ、「政権が代わったから(自民党政権での合意は)パーということになったら、国際政治は成り立たない。(日米で合意した移設先を)全然別なところに持っていけると考えていた人たちが間違いだ」と述べ、昨年の衆院選で県外移設を目指すとした鳩山由紀夫首相の判断は誤りとの認識を示した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

警察に相談、逆に追及されてネット詐欺ばれる(読売新聞)
高齢夫婦、無理心中か=札幌(時事通信)
<学校耐震化>予備費で推進する考え示す…鳩山首相(毎日新聞)
立体駐車場から車転落=男性1人死亡、1人重体-大阪(時事通信)
仙谷戦略相、消費税増税の凍結解除求める(読売新聞)

携帯かゆみ・虫刺され薬「プチウナコーワα」を新発売―興和(医療介護CBニュース)

 興和は4月6日、持ち運びに便利で、頑固なかゆみにその場ですぐに対応できるかゆみ・虫刺され用薬「プチウナコーワα」を新発売する。

 2008年に発売された「プチウナコーワ」の処方強化品として、かゆみが悪化したり、皮膚が赤く腫れたりする原因となる炎症を抑えるデキサメタゾン酢酸エステルを新配合。また、ジフェンヒドラミン塩酸塩がかゆみの基になるヒスタミンの働きを抑え、かゆみを鎮めるとともに、リドカインの局所麻酔作用により、かゆみの伝わりをブロックする。

 用法・用量は1日数回、適量を患部に塗布する。価格は12mL/609円(税込み希望小売価格)。


【関連記事】
一般用医薬品「ポポンピュメリ錠VB」など新発売―塩野義製薬
目薬「ロートジー」シリーズを一斉リニューアル―ロート製薬
ビタミンD3製剤2成分のスイッチOTC化を了承
スイッチOTC市場、2.3%増の1571億円
一般用医薬品販売制度のQ&Aを事務連絡―厚労省

足利事件 警察庁・最高検が総括 「DNA型鑑定 過大評価」(産経新聞)
父親殺害容疑で37歳男逮捕 青森県警(産経新聞)
鳩山首相「中井国家公安委員長の行動は配慮がなかった」(産経新聞)
遺棄は22日夜以降か=長期間密閉の可能性-スーツケース遺体・金沢(時事通信)
「気付いたら手に財布が…」 JR東の車掌、花見客の財布盗み発見されOL殴る 警視庁逮捕、一部否認(産経新聞)

<益川塾>京都産業大で初の入塾式 「切磋琢磨を」と激励(毎日新聞)

 ノーベル物理学賞を受賞した京都産業大の益川敏英教授(70)が塾頭を務める研究・教育機関「益川塾」の初めての入塾式が3日、京都市北区の同大学であった。1期生となる若手中心の11人の研究者を前に、益川教授は「若者は教師の教え以上に自分たちで切磋琢磨(せっさたくま)する中で伸びる」と激励の言葉を贈った。

 自然科学系は「素粒子の標準理論を越えて」、人文社会科学系は「京都の歴史と文化を究める」を初年度のテーマに据え、若手の育成と自然・人文系の人材交流を進める。40歳以下の博士研究員(4人)には給料のほか、年間最大58万円の研究費を支給する。

 応募は66人。難関を突破した博士研究員の梅津光一郎さん(29)は「難しい問題にじっくり取り組める益川塾の環境は魅力的だ」と話した。【林哲平】

【関連ニュース】
西田敏行:「泣くなと厳命」 NHK「こころの遺伝子」で司会 第1回ゲストは三國連太郎
特集:09年度小学校教科書検定 ノーベル物理学賞受賞者・益川敏英氏
今週の本棚・新刊:『益川さん、むじな沢で物理を…』=益川敏英・東京物理サークル著
From60:60年前 恩賜賞に坂田名大教授 /愛知

<懲戒処分>消防長、知人女性に「延焼中」メール(毎日新聞)
脳腫瘍克服 日大三エース 「野球がやれた」 選抜高校野球(産経新聞)
若手育成、日本語テキスト作成 鬼教官も苦しんだ(産経新聞)
主文後回しで厳刑へ 元厚生次官ら連続殺傷(産経新聞)
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官(時事通信)

“票田”要望丸のみ 国民新が郵便局長会へ文書 定年延長など成果報告(産経新聞)

 国民新党が、選挙支援を受ける全国郵便局長会(旧全国特定郵便局長会、柘植芳文会長)にあてた4日付の内部文書が29日、明らかになった。特定局長の定年延長や検査・監査の簡素化など局長会の要望について、日本郵政グループと協議した成果を伝える内容。参院選を前に、約30万票を動かすとされる局長会の意向を実現することで、票田固めに努めていることがうかがえる。

 産経新聞が入手したのは、下地幹郎国対委員長と森田高政調会長名で出された「日本郵政グループの運営に関する改善要望について」と題する文書。

 それによると、特定局長は定年(一般郵便局員は60歳)を延長し、65歳まで再雇用する▽再雇用期間の給与はそれまでの8割とし、4月1日から実施する▽これまで「年に3回ほど実施されてきた」(日本郵政関係者)という郵便局に対する検査・監査は簡素化し、2年に1回とする-ことを実現したことを強調している。

 また、一部特定局長から「一日中監視されているようだ」と評判が悪かった郵便局の監視カメラに関しては、3月中に機能を停止し、撤去などの工事は6月末に終えるよう通知することになったことも報告。

 文書について森田氏は「わが党は郵政問題をきっかけにできた政党であり、地に足のついた政策を実現しようと考えている。政権交代以降、ずっと取り組んできた課題で成果が挙がった分を報告した」とする。

 全国郵便局長会に対しては、鳩山由紀夫首相も民主党代表として昨年5月の総会に出席し、「衆院選に勝たせていただくためには、郵便局長さんの多大なるご支援が不可欠なので、なにとぞ力をお貸しください」と述べていた。

【関連記事】
よせばいいのに…亀井氏独走で閣内対立露呈
ゆうちょ銀の限度額2千万円に 「民業圧迫」批判で引き上げ幅圧縮
郵政Gの正社員化へ聴取 亀井郵政改革・金融相ら
郵政株の政府保有51%以上、国民新・社民党案
「郵政3社体制」亀井氏が猛反発 総務相案「聞いていない」

名古屋市長 自転車で町へ 議会リコールの受任者募る(毎日新聞)
<消費者庁>こんにゃくゼリー対策 窒息事故で初会合(毎日新聞)
<変死>資材置き場に遺体 「殺された」親族が通報 北九州(毎日新聞)
元厚生次官ら連続殺傷事件 小泉被告にきょう午後、判決 (産経新聞)
首相動静(3月30日)(時事通信)
プロフィール

ミスターとしおかさま

Author:ミスターとしおかさま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。